NSR50用クラッチレバー装着

アジャスターが付いていてしかも、二本指で握ってもしっかりクラッチが切れるものを、前から考えていたが、今回モンキー改造用に買ったフロント周り一式にレバーASSYがついていたので、装着に挑戦しました。最初はノーマルのクラッチケーブルで行けると思ってすぐに交換しようとやってみましたが、ワイヤーのむき出しになっている部分の長さがアジャスターの長さの分だけ足らなくて装着できませんでした。後日パーツ屋に合いそうな部品を探しに行きました。Apeはワイヤー全長で965mmと計ってパーツ屋に行ったんですが基本的に商品はみんなワイヤーのアウターの長さで表示してありました。勘でその分を計算に入れNSR50用の標準より200mmロングのケーブル(ハリケーン:赤いワイヤーではないです。特別凝ったものではないです。)を発見。これはアウターの長さが905mmのもので、今現在のApeがハンドルバーを詰めている加減でワイヤーが長過ぎになっていたので、なんとか付くかなと思い切って購入しました。
家に帰ってさっそくばらし開始。ケーブルの長さをノーマルと比べました。ノーマルよりちょっと長かったです。ノーマルのレバーの取付をスイッチケースからカナノコで切り離し、何も問題なくすんなり付きました。
全部組み付けて走ってみました。とても良いです。以前付けていたパワーレバーはクラッチ切れるようにはなったのですが、結構引きが重かったのですがNSRレバーはとても軽く引けます。本来ならケーブルが以前より少し長くなっている加減でさらにワイヤーが折れ曲がり重くなるはずですが、レバーが良いのか、全くそれは感じられませんでした。
これで手元でクラッチの遊びが常にギリギリに調整が出来るのでとても便利になりました。
この改造でただ一つ問題になるのは、ミラーを両方に付けたい人です。NSRのレバーホルダーにはミラーの取付けが無いんです。ミラー取付用のネジ穴付のホルダーをKITACOなどの部品で買えばいいのかな?